【北海道Zeppinおせち】が誕生★北海道フード塾OB「E-ZO(イーゾ)」から27社が結集!

おせち三段重

北海道の絶品手作り集団「E-ZO(イーゾ)」から、2020年の「おせち」が誕生しました!

北海道が主催し、私も7年間事務局&講師をしている人材育成塾「地域フード塾」の修了生達が集ったOB組織が「E-ZO」。
北海道の「食」の舞台において、地元ならではの、本当に喜ばれるモノ作りを追求している集団で、「北海道の絶品を作ろう」という信念のもと、情報共有や勉強会の場を設けて、日々、知識や技術力を共に高めあっています。

その「E-ZO」会員のひとり、パーク・デリ(丸井今井に出店)の田畑さんが声掛けし、全道から27社が集結★すべてが「E-ZO」食材でできた「特別おせち」が完成しました!早速、どんなおせちか、紹介していきますね。

一の重

気になる中身は、写真のとおり。食材提供の会社名を見ていただけると、道内各地の、こだわりの逸品が使われていることが判ります。
一の重は「和」をテーマにしたメニュー構成。数の子は標津産鰹節を加えて、十勝産の黒豆は甜菜糖と純度の高い蜂蜜でじっくり焚き上げました。ほかにも、鹿部・道場水産のタラコや、浜中・平川水産のウニ、根室の大ぶりな北海シマエビなど、高級食材がたっぷりです。

二の重

二の重は「洋」がテーマ。足寄の愛寄牛は低温調理でじっくり仕上げたローストビーフに。洞爺のお肉屋さん田所の大人気ベーコンは5種類のお豆と煮てパリのお惣菜風に。加えて、道産チーズと雲丹が競演したキッシュ、蟹味噌のバーニャカウダ、利尻産アワビのアヒージョなど、ワインがぐいぐい進みそうですね(^^)

三の重

三の重は江差名物の「紅ズワイ」ボイルした蟹爪と、蟹足のしゃぶしゃぶ。そして、箸休めの甘味が数種類。
おせちに欠かせない「きんとん」は、羊羹で有名な江差の老舗・五勝手屋本舗が大福豆で作りました。その他、道産チーズケーキをおもちのような生地でくるんだお菓子や雲丹マカロン、クラッカーによく合う豊富温泉の手作りフレーバーバター(ハスカップ)、道産いんげん豆と厚真産ハスカップの紅白羊羹など、ひと味もふた味も違う甘味のセレクトです。

道内各地の美味を詰め込んだ【北海道Zeppinおせち】は、限定100個。ひと品ごとに作り手の顔が浮かぶオリジナルおせちを是非、食べてみてください!

北海道Zeppinおせち(冷凍・和洋3段)
3万2400円(税込・3~4人前)
北海道から関東エリアまでは送料無料(クール宅急便)
重箱サイズ201×235×195、アレルゲンは卵、小麦、乳、エビ、カニ
※各お料理を個別容器で重箱に詰め合わせしています。解凍するだけで、手軽に美味しくいただけます。
◆お問合せ・申し込み
パークデリ札幌丸井今井店 電011-205-2133(予約は12月10日迄)

WRITER/村澤 規子(ぐうたび北海道 編集長)

おせち三段重