【ウィンザーホテル洞爺】~夕食編★絶景&夕日を楽しみながらの旬懐石!月浦ワインとともに・・

ウィンザーホテル洞爺

夕食は「ミシェルブラス」だけじゃない!
【割烹 杜氏賛歌】で夏懐石と料理人の技を堪能しました

 

前回のブログ「到着編」からの続き、今回は夕食編です。

 

各レストランが、美味しさを競い合う「ウィンザーホテル洞爺」。
私は今回、日本料理をいただいてみました
【ウィンザーホテル洞爺】割烹 杜氏賛歌
【割烹 杜氏賛歌】では、腕利きの日本料理人(調理長・菅原和彦氏)による、
四季折々の旬料理がいただけます
【ウィンザーホテル洞爺】景色もごちそう
景色もごちそうこの眺めには、驚かされます
【ウィンザーホテル洞爺】右手に羊蹄山が見える席
私たちが通された席は、右手に羊蹄山。
移りゆく景色を堪能してほしいと、2人並んだ席が用意されていました。
【ウィンザーホテル洞爺】地元のワイナリー「月浦ワイン」の白をいただく
お酒は地元のワイナリー「月浦ワイン」の白をいただくことに。
眼下に、月浦の町が三角に広がっているのが見渡せます。
【ウィンザーホテル洞爺】先附は「順菜と蝦夷あわび吸い酢ジュレ掛け」
余市産オレンジキャロルのとまとジュースに

先附は「順菜と蝦夷あわび吸い酢ジュレ掛け」

 

一気に「夏」を感じます

 

「はも水牡丹、翡翠茄子」のお椀をいただいたあと、
【ウィンザーホテル洞爺】鮪には黄身おろし添えなど、丁寧に作られた「造り八寸」

「造り八寸」。本日の水揚げ鮮魚、なかでも「ソイ」が美味しかった~

 

鮪には黄身おろし添え、穴子やわらか煮は無花果クリーム掛けと、
一品一品、ていねいに手をかけられています
【ウィンザーホテル洞爺】日本酒は、オリジナルの「将進酒」
おすすめされた日本酒は、オリジナルの「将進酒」。

サミット時に各国首脳らへ贈呈された大吟醸の原酒です

 

日本を代表する酒米「山田錦」の中垂れ(米粒の芯の部分)だけを採って
低温熟成させ、月間80本のみ限定販売中とのこと。
ふくよかな含み香が絶妙で、私、思わず父へのお土産にしちゃいました
【ウィンザーホテル洞爺】館内をすみずみ案内してくださった、浜田さんとのお食事
館内をすみずみ案内してくださった、浜田さんとのお食事。
ほろ酔いで話もはずみ、すごく贅沢な時間です
【ウィンザーホテル洞爺】夕暮れを迎える景色
目の前の景色は、どんどん暮れていきます・・
【ウィンザーホテル洞爺】「のど黒の炭焼き」

「のど黒の炭焼き」に雪の下にんにくの包み焼を添えて

 

お料理とお酒に酔いしれている中、「お食事中に恐縮ですが
ちょっとコチラへ来て、夕日をご覧になりませんか?」の声かけが
【ウィンザーホテル洞爺】まさに沈もうとしている夕日
キレーーーーー
まさに沈もうとしている夕日です
【ウィンザーホテル洞爺】この瞬間に合わせ、お客様が続々と、「夕日の特等席」に集まる
この瞬間に合わせ、お客様が続々と、この「夕日の特等席」に集まって来ます。
すごく嬉しいサプライズなおもてなし

声をかけてくださり、感謝、感謝です

 

夕日ショーを見た感動を分かち合いながら
「冬瓜かに茶巾そっぷ煮」をいただき、「季節の炊き込みご飯」へ。
【ウィンザーホテル洞爺】夏の旬「ウニ」の炊き込みご飯
今回は夏の旬「ウニ」の炊き込みご飯
たっぷりウニに山わさびがいいアクセントで、残さず、いただきました
【ウィンザーホテル洞爺】地元・豊浦の名産「いちごと季節の果物」

最後は地元・豊浦の名産「いちごと季節の果物」

 

メニューは旬食材や仕入れ状況にあわせて変わるそうですが

料理人の技とこだわりを、コース全体で堪能しました

 

「ウインザーホテル洞爺」というと、どうしてもミシュラン北海道版で
3つ星を獲得した【ミシェルブラス】が有名ですが、【割烹 杜氏賛歌】をはじめ、
他のレストランも素晴らしいということをわかって欲しいな~
【ウィンザーホテル洞爺】【ウィンザーホテル洞爺】
ミシェルブラスの素晴らしさは折り紙付きですが
「ウインザーに行くならミシェルブラス。でも自分には贅沢すぎて
一生に一度、行けるかなあ」なんて言ってる人がよくいます
この思い込みは、もったいないですよ~
ここは、記念日ごとに、何度もリピートしてほしいホテルです。
【ウィンザーホテル洞爺】【ウィンザーホテル洞爺】
次は「お寿司」を食べてみたいなあ。
【ウィンザーホテル洞爺】夜のロビー
夜のロビーやカフェは昼間とは一転、
ムーディなリズム&ブルースが生演奏されています。
【ウィンザーホテル洞爺】マッサージ
食後は、もう一度温泉に入って、マッサージ。

ふぅ~、気持ちいい・・・

 

明日、早起きをしたいので、ポロの雰囲気あふれるバーの

誘惑は断ち切り、眠ることにしたのでした。

 

おかげで、朝は雄大な雲海に出合えました

 

前のブログ「到着編」も、見てくださいネ

WRITER/村澤 規子(ぐうたび北海道 編集長)

ウィンザーホテル洞爺