朝もやの絶景露天風呂にうっとり「ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾート」に泊まってきました!

朝のロビー

こんにちは。ぐうたび編集部の前野です。
編集部にしざかと2人で、「ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾート」に泊まってきました。

乃の風リゾートは全プランぐうたび特典付き!プラン一覧はこちら

乃の風リゾート外観

札幌から送迎バスに揺られて2時間半。洞爺湖温泉「ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾート」は、全客室が湖側に面していて、さらに天空露天風呂やブッフェレストランなど館内の至る所から美しい洞爺湖を眺めることができます。特に夏のオンシーズンは中々予約が取れないほど大人気!この時期なら、と12月に予約を入れて宿泊してきました。

大きなソファがある56平米ツインルームでゆったり

乃の風ロビー
ホテルに入ると窓いっぱいにこの景色! 天井高~い!

丸いソファ
にしざかは窓に一番近い特等席でうっとり。移動の疲れも吹っ飛ぶね。

乃の風倶楽部バリアフリー
本日泊まったのは、プレミアム棟・乃の風倶楽部バリアフリー客室56㎡。

車椅子の方も快適に過ごせるように作られたお部屋なので、フローリングがフラットでお風呂も大きく導線も広い。フロントやエレベーターからも近くて移動が楽ちん♪

乃の風倶楽部ベッド
ベッドには柔らかい枕と、かたい枕のふたつ。枕元にはスポットライトが2種類。お部屋内のすべての照明のスイッチがここにあるのも、面倒くさがりな私には嬉しい。

コーヒーミル
コーヒーミルを発見!「見て~コーヒーミルだよ!有機珈琲だよ!明日の朝いれて飲もう」

おやつ撮影
おや、にしざかが真剣に何かを撮影している・・・。

おやつと鍵
「ルームキーとお菓子の形が同じなんですよ」確かにそうだけど・・・ナゾの着眼点。笑

セレクトショップ
少しだけ外を探検してカフェからセレクトショップ・売店へ。売店好きのにしざかは、興味しんしん。

雪だるま
乃の風ラベルの日本酒や地元の月浦ワインなどと一緒に並んでいた雪だるまさん。かわいいお土産になりそうですね。

湯煙が立ち込める幻想的な夜の天空露天風呂

天空露天風呂
さて夕食の前に、楽しみにしていたお風呂に入ってきま~す。

大浴場

▲大浴場には、寝湯や立ち湯にサウナも。お風呂の写真は、公式HPよりお借りしました!

「展望大浴場EZOFUJI」は、その名の通り正面に蝦夷富士・羊蹄山や昭和新山、洞爺湖に浮かぶ中島を見ることができます。洞爺湖温泉は茶褐色で少し濁りのあるお湯で「美肌の湯」とも言われているんです。

天空露天風呂

▲夜は満天の星空に。

階段をあがって屋上にあるのが「天空露天風呂パノラマ露天TENQOO」。浴槽から湖面へと温泉が流れ出るような演出がされ、湖と一体化したような開放感を味わえます。この日は気温が低く湯煙が立ち込めていて、本当に幻想的でした・・・。

花火の天空露天風呂

▲毎年、4月下旬~10月は「洞爺湖ロングラン花火大会」を開催。

ちなみに、夏は露天風呂から花火を楽しむことができます。お部屋からも見られますが、露天風呂からの眺めも最高です!

道産牛ステーキに、ドナルドサーモンやタチなどの新鮮魚介、手作りスイーツも!

波の音
さぁ、お腹ペコペコ。夕食はレストラン「波の音」でブッフェをいただきます。

冷製メニュー
実際の会場の雰囲気を少しだけ・・・。豊富な冷製メニューに、

お刺身
もちろん、お刺身も! 盛り合わせではなく、自分で好きなものだけチョイスするスタイル。

夕食ブッフェ乾杯
ビールを頼んで、いただきます!

夕食ブッフェ
道産牛ステーキは、ふりかけみたいな「サクサクしょうゆ」で。ロースなので程良く脂のさしが入り柔らかく、文句なしの美味しさ。伊達産鶏の手羽元は軟骨まで食べられるくらいにホロホロ。冬野菜たっぷりのサンラータンスープも本格的なお味です。

夕食ブッフェ
私のナンバー1は「洋食のぬくもり丼!ドナルドサーモンを使ったコンソメ茶漬け丼」。とろけるようなサーモンが最高!優しいコンソメ味にケッパーのアクセントも絶妙です。

夕食ブッフェ
飛ばしすぎなのは重々承知!でも大好き、油そば。ひとつひとつオーダー式なので熱々です。

夕食ブッフェ乾杯
はい、にしざかのターン。ノリノリにしざかのチョイスはこちら!

夕食ブッフェ
冷製メニュー3種にお刺身盛り合わせ。左上にあるのが「氷頭(ひず)なます」。氷頭とは鮭の鼻の頭の軟骨部分で、一匹から少量しかとれない希少な珍味です。初めて口にしたにしざかは感動しきり。「この食感、癖になる!」と、おかわりしてました。

夕食ブッフェ
ブッフェでタチが食べられるなんて贅沢!「冬味覚タラとタチのホイル焼き」とってもクリーミー!そしてやっぱりステーキもね。

サーモン茶漬け
にしざかも持ってきてましたコンソメ茶漬け。本当に美味しかった・・・。

夕食ブッフェ
さらに、野菜寿司や名物のスープカレーなど二人でおかわりに走り・・・そうそう、この茄子のお寿司も美味しかった!

にしざかスマイル
「まだまだ食べたいのにお腹が~!」とよじれる二人。それでもデニッシュをかじる。

デザート
泣く泣く、〆のスイーツへ。
なんと、こちら全てパティシエさんの手作り。せめてスイーツだけは制覇するぞ!と気合を入れ、我々は限界の向こう側へと旅立ったのでした。

部屋でまったり
お部屋でまったり、まだ向こう側にいるにしざかです。ソファが大きい。寛げます。いかん、寝てしまう・・・

昭和の湯
腹ごなしにお風呂行こう!と立ち上がり、2階「ザ・銭湯 昭和乃湯」へ。

昭和の湯

▲蝦夷富士やケロリンの桶も雰囲気たっぷり。こちらも写真は公式HPよりお借りました。

こちらは昭和の銭湯を再現した大浴場。壁一面に描かれた風景画は本物の銭湯絵師が描いたものだそう。遊び心の中にも、こだわりを感じますね。

昭和の湯

▲体重計も目盛りのついたはかりタイプ!

脱衣所も昭和~。そういえば天空露天風呂も同様、脱衣所の清掃が行き届いているのが印象的でした。洗面台のアメニティやお水のカップなども綺麗に整頓されていて、この日も沢山の人が利用しているだろうに、さすが!と感心しつつ、気持ちよく利用できました。

朝もやの絶景露天風呂と握りたてのおにぎりに感動!

早朝の天空露天風呂
おはようございます。早起きして、まだ日が昇る前に朝風呂へ。ぼんやりとお湯に浸かっているうちに、少しずつ身体が目覚めてきます。

朝のロビー
曇り気味でも、この景色は圧巻。ロビーで少しのんびりしてから朝食会場へと向かいます。

朝食ブッフェ
ラッキー!ちょうど人が少ない時間だったので、会場内をパシャリ。朝食からものすごい品数!

朝食ブッフェ
好きな具材で握ってくれるおにぎりは人気メニュー。私はたらこチーズ、にしざかはわさび昆布を。

オムレツ
目の前で焼き上げてくれる実演オムレツも。

朝食ブッフェ
前野プレート出来ました。おにぎりがふんわり~♪たことかぶの和え物、さっぱりしていくらでも食べられそう。オムレツには珍しいごぼうのソースを。

朝食ブッフェ
手巻き寿司には厚切りのサーモンとアブラガレイ、とびっこをのせて。

朝食ブッフェ
にしざかはこちら。ミルクコロッケとおにぎり、ホッケの麹焼きが美味しかったのだそう。手前にある緑色の液体はほうれん草の「飲むお粥」。身体に良さそ~。

ハチノス
道産牛のハチノスなど朝から一杯いってしまいたくなるメニューも・・・。これも美味しい!

りんごジュース
目の前で絞ってくれる壮瞥産りんごジュース。りんご以外なにも入っていないのに、泡がまろやかで甘いです。

スイーツ
朝もしっかりスイーツを食べて、終了!自分でパフェが作れるコーナーがあったけど、残念ながらもう満腹・・・次回あったら絶対チャレンジしよう。

最後におまけ編。館内の探検スナップ

のぐち文庫

▲7階のぐち文庫。面白そうな本がズラリ。無料のコーヒーも。

マッサージチェア

▲3階で見つけたマッサージチェア。寛ぐにしざか。

ふくろう

▲1階ギャラリーで見つけたスタイリッシュふくろうさん。

グラグラ

▲ひよこ隊長!?ネーミングがかわいいgla_glaのガラス。

ワンちゃん作務衣

▲わんちゃん用の作務衣も販売。かわいすぎる。うちのワンコに着せたい。

洞爺湖の向こうには雪かんむりの羊蹄山や昭和新山。館内の至る所で何度も出会う絶景に心から癒されました。北海道の美味しい食材を活かしたお料理は、シンプルなものから新鮮なアレンジを効かせたものまで幅広く、選ぶ楽しさも魅力のひとつ。
ぜひこの絶景のリゾートホテルで非日常を過ごしてみて下さい。

ザ レイクビューTOYA 乃の風リゾートの宿泊プラン

全プランが対象!ぐうたび特典として大人全員に館内利用券500円をサービス
■乃の風リゾートの基本情報はコチラ
■乃の風リゾートの宿泊プラン一覧はコチラ

WRITER/ぐうたび北海道 編集スタッフ

朝のロビー