【札幌ラーメン最新事情2019①】カニやえび!濃厚な旨味に包まれる甲殻類の誘惑

毎年恒例年明けの企画「札幌ラーメン最新事情」シリーズ!
ご好評をいただいており・・・ますかどうかは定かではありませんが、2019年の今年も書かせていただくことになりました!
本企画は「新店を中心にその年の旬なキーワードを探す!」というコンセプトで毎年続けてきています。
もちろん新店だけでなく、そこからクローズアップされたキーワードに沿って人気店や老舗店なんかも随時取り上げ「札幌のラーメントレンド」を探っていこうという試みです。

全5回で毎週水曜更新予定です
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

■過去の特集はこちら
『札幌ラーメン最新事情2012』
『札幌ラーメン最新事情2013』
『札幌ラーメン最新事情2014』
『札幌ラーメン最新事情2015』
『札幌ラーメン最新事情2016』
『札幌ラーメン最新事情2017』
『札幌ラーメン最新事情2018』

~~~~

さて、第一回目は「えびやカニなどの甲殻類」をキーワードに取り上げてみたいと思います。
札幌では「えびそば一幻」の名前が有名ですが、それ以外にも限定メニューなどで「海老」を使用したお店はいくつもあります。
それだけ人気の高い素材とも言えます。
ちょうどここ1~2年で限定メニューとしてではなく「甲殻類を主役としたお店」が登場したり「準主役の素材」としてメニュー化しているお店もあり、今再び活気づいているように思います。
そんなお店をご紹介するとともに、札幌のルーツとなるお店にもこの機会に触れてみたいと思います。

~~~~

クラブギャング

最初にご紹介するのは2018年10月にオープンした「クラブギャング」です。
山盛りのイクラを「おいさー」の掛け声とともに盛っていく「はちきょう」というお店をご存知ですか?

日本で一番イクラの使用量が多いお店としても知られ、道外からのお客様をお連れするとその味とイベント性でとても喜ばれるお店です。
実は、この「クラブギャング」はその「はちきょう」がプロデュースしたお店なのです。

ところで店名のクラブギャング、「カニ=クラブ(CRAB)」は良いとしてなぜギャング??と思ってしまいましたが・・・。
カニ汁の事を「鉄砲汁」と呼ばれるところから「カニ汁→鉄砲汁→鉄砲→ギャング(GANG)」となったそうです。
鉄砲を持ったカニのキャラクターがめちゃめちゃかわいいですね。
ちなみに、「目がむき出しでサングラスが役目をなしていないぢゃん!」というツッコ飯・・・いや、ツッコミは無しでお願いします。

オシャレな特注の四角いドンブリ、これは珍しい!
美しい顔つきですね。
レンゲにカニのほぐし身が入っているだけでもテンションが上がります。

そのドンブリ横にも例のかわいいキャラがプリントされています。

いつもならまずはレンゲでスープから・・・となるのですが、カニのほぐし身が鎮座しているのでまずはカニ君に退避していただきましょう^^

はい!チャーシューとカニの「トッピング二大巨頭」がコンニチハ。
お二人ともちょっとそこで待機していてくださいね。

ということで、このスープ。
とんでもなく「カニ」!
まさに鉄砲汁、それも極上の濃厚鉄砲汁。
一口目から私のハートをピストルでズギュンと撃ち抜かれました。

麺はかなり縮れの強いタイプの札幌麺。
これが実に相性抜群。
すするときに震わせる唇、口の中に広がるカニの風味。
これは新しくて美味しい!

はい、お待たせしました。
レンゲから一度退避いただいたカニ君。
スープに少しずつ溶きながらいただくと、カニの風味と食感が口の中で再びバキュン!

ちょっぴりご飯の上にトッピングしてオリジナルカニ飯なんてのも楽しんだりしてね^^
あ、ちなみにランチタイムはライスがサービスってのも嬉しいですね。

トッピング二大巨頭のもう一人、チャーシューだって負けていない。
ボリューミーなチャーシューが「カニになんか負けてらんないぜ!」と強く主張してくる。
負けてらんないぜと言ったかどうかはわからないが、実は意外なほどに仲良しこよしで相性が良い。

そうそう。
もう一つのトッピング、海藻類がこれまた箸休めに楽しませてくれる。

あーあ・・・・もう終わりかぁ・・・。

なんてね^^
最後はライスをドボンしていただきましょう。
極上の鉄砲汁雑炊の完成です!

この味、このクオリティ・・・。
やはり仕入れルートをしっかり持っていて、しっかりした調理技術を持っている「はちきょう」だからこそできた味だと思う。
カニをラーメンの素材に使うという発想は従来もあったし、色んな方がチャレンジもしてきた。
でも、今一つ市場に認められなかったのは十二分に素材を使えなかったことや、素材の旨味を引き出しきれなかったのもあるかも知れない。

クラブギャングのかわいらしいキャラクターにだまされそうになったが、しっかり私のハートを撃ち抜いてくれちゃいました^^

【クラブギャング】
住所:札幌市中央区南3条西3 TM-24ビル B1F
営業時間:[月~土]11:30~15:00/18:00~1:00  [日・祝]11:30~22:30
定休日:無休
TEL:011-212-1962

 

大衆食堂 中華そばとおコメの店 メシケン。

続いてご紹介するのはこちら。
2018年10月にオープンした「大衆食堂 中華そばとおコメの店 メシケン。」
大衆食堂で、中華そばでおコメ!!
なんていうの、惹かれるキーワードがずらりと並べられていますね^^

大衆食堂というネーミングからは想像できないようなオシャレな外観とインテリア。このギャップもまたイイ。

今回のカテゴリーは「甲殻類」なんだけど、まずはこのメニューをご紹介したい!
「中華そば(醤油)」
なんと今どき550円!

動物系のスープにほのかな魚介の風味。
醤油の美味しさが際立つ、シンプルだけどまさしく「中華そば」というスープ。

そして全粒粉入りと思われる自家製麺。
これがまた柔らかすぎず硬すぎずの美味しい麺なんです。

中華そばの事をもっと掘り下げてご紹介したいところですが・・・。

今週のテーマは「甲殻類」
海老そばのご紹介に移りたいと思います!

どん!
海老そばワンタン(しろ醤油)です。
ここのメニューの中では高めの880円。
でも、ワンタンに肉団子に卵が乗ってワクワクのビジュアル!
それを考えるとこの値段はむしろお得かも。

先入観もあって「あっさりベースのスープに海老のインパクトは強すぎないかなぁ・・・。」なんて勝手に想像していたけど、この組み合わせは思いのほか相性が良い。
最初に口の中一杯に広がる海老の風味、続いて長く続く優しい中華そばの余韻。
これも美味しい!

で、やっぱりこの自家製麺がイイ!
良い意味で主張し過ぎず、優しいスープをしっかり受け止めてくれる。

ちゅるちゅるのワンタン。
なんとこのワンタンの皮も自家製らしいです。
このはかなげな皮・・・私好みです!

そしてちょっとびっくりしたのがこの肉団子。
「ふーん・・・ミートボールね」
ぐらいの軽い気持ちで口にしたら、香ばしさと旨味に「え?」ってなりましたよ(笑)

まずは中華そばを食べてもらいたいけど、このお店の「海老そば」も要チェックですよ!

そしてこのお店の店名が「中華そばとお米」のお店ですから、お米の事も書いておかなくちゃならないよね。
お米は炊飯器じゃなく「バーミキュラ」で炊いているらしい。
個人的に欲しいお鍋だったりします^^;

で、ラーメンには+300円でセットにできるご飯ものが色々とあるのも嬉しい。
・メシケンカレー(小)
・ザンギ丼(小)
・鶏そぼろ丼(小)
・麻婆丼(小)
・チャーマヨ丼(小)
ど・れ・に・し・よ・う・か・な・・・。

確かにご飯が美味しい!
そしてこのカレーも優しい味わいながらスパイスがちゃんと効いていて美味しい!
何より中華そば550円にセット+300円で850円というコスパの高さ。
ありがたいですねぇ。

ちなみに、最近では和風カツ丼やネギトロ丼などの新メニューも提供されているらしく、今後も新メニューが続々登場するそうな・・・。
「ご飯メニューが増えると体重も増える」って相関関係を以前に誰かが学会で発表していなかったっけ?(ウソ)
嬉しいけど困っちゃいますね(苦笑)

冒頭にも書いたけど「大衆食堂」で「中華そば」で「おコメ」と続けてそそられる言葉が並ぶ店名。

世の中には「世界三大〇〇」なんてものが沢山ありますよね。
「世界三大河川:アマゾン川、ナイル川、ミシシッピ川」とか「世界三大珍味:キャビア、トリュフ、フォアグラ」とか「世界三大美女:クレオパトラ7世、楊貴妃、小野小町」とかね。

私の中で現在「世界三大食欲刺激ワード」が「大衆食堂・中華そば・おコメ」で確定いたしました。

【大衆食堂 中華そばとおコメの店 メシケン。】
住所:札幌市手稲区新発寒4条1丁目1-55
営業時間:11:00~21:00
定休日:不定休
TEL:011-663-1383

 

札幌海老麺舎 本店

2017年に札幌海老麺舎という名称でリニューアルオープンした同店が、2018年11月11日に西区宮の沢1条5丁目に移転してグランドオープンしました。

駐車場も広く非常に入りやすい店舗。

札幌海老麺舎と言えばまずはコレ!
「濃厚海老つけ麺」
このグツグツと沸騰するスープに初めての方はびっくりすることでしょう。

この見た目に音!!
あえてスローモーション動画でアップしてみましたが、そのド迫力は伝わりますか?

その沸々と湧き上がる泡と一緒に海老の香りがぶわっと広がる。
もうね、アドレナリンまでグツグツ沸騰しちゃいましたよ^^;

海老はイセエビや甘えびやオマールエビなどを季節によって使い分けているそう。
それらを野菜や節類・鶏ガラ等と一緒に煮込んだ「海老スープ」。
その「海老スープ」に「濃厚豚骨スープ」を合わせているというまさに「濃厚」の名にふさわしい、インパクトある旨味に溢れたスープ。

麺が隠れるほどの具材も迫力ありますよね。
ちなみに、写真は並盛200gですが、大盛(1.5玉)までは無料。
5玉盛り(1Kg:+400円)なんてのまであって、100円単位で麺量を増やせるのも嬉しい^^

で、この麺。
超多加水自家製太麺とのことで、食感がとっても面白い。
むっちりムチムチな食感なのにコシもしっかりある。
太くて食べ応えもあるけど、滑らかな表面は思った以上にするする胃袋に収まってしまう。

つけ麺の欠点ともいえる「スープがぬるくなる」という点も、アッツアツのスープとこの保温性の高い器のおかげで最後まで冷たくならずにいただけます^^
思いのほかスルスル行けちゃうので、この辺で大盛にしなかったことを後悔したね。

途中でレモンを麺に振りかけるとまた味変されて楽しい。
・・・ほらね。やっぱり大盛にすべきだったよね。

大盛にしなかったことを後悔したころに発見した「〆丼」ってフレーズ!
「〆丼ですと!!」
そそられるフレーズじゃない!

行っちゃうよね~^^;
チャーシューにカツオのジュレ・・・一口食べると・・・美味しい!!
「そのまま食べても良い」と書いてあったものの、やはりこれはスープに投じるべきもの。
でも、これって強い意志が無いとスープに入れる前に全部食べちゃいそう。

ということで、一口味見をした後は強い意志を持ってスープにドボン!
全部食べちゃわなかった自分をちょっぴり褒めたい。

海老の濃厚な香りにカツオジュレの効果で最後の最後まで楽しませてくれる。
極上スープだけに麺だけじゃなくこういう楽しみもいいよね。
あ、ちなみに「おかわりスープ 98円」というのがあるので、スープが足りなくなっても安心ですよ。

濃厚なスープに太麺。
普通に考えると沢山は食べられなさそうなのに、思いのほかスルスル胃袋に収まったことに自分がびっくり。
それでも、〆丼のおかげで結構満腹になったのだが・・・
「いつか5玉盛りにチャレンジしてやるぜ!」と妙な闘争心を持ってお店を後にしたのでした。

【札幌海老麺舎 本店】
住所:札幌市西区宮の沢1条5丁目1-8
営業時間:平日/11:00~15:00(L.O) 17:00~21:30(L.O)
土日祝/11:00~21:30(L.O)
定休日:不定休
TEL:011-699-6701

元祖海老そば 縁や(えにしや)

今でこそ「海老」を使ったメニューを提供するお店は増えていますが、その源流はご存知でしょうか?
実はその元祖はこちらの「元祖海老そば 縁や」なのです。

創業者は野本栄二氏。1999年の新横浜ラーメン博物館5周年記念「激突!ラーメン登竜門」で全国344軒のエントリーの中、準優勝したのがきっかけで大ブレイクをしたお店。
その時に提供されたのが日本初の海老だしラーメン「海老そば」なんですよ!

現在はその創業者のDNAを受け継ぐお弟子さんが中心となってここ厚別に2016年11月オープン!
「海老そば」(海老出汁)だけじゃなく、それの元になっている「元味」も提供する2本柱が健在!

こちらが一番人気の「海老そば-味噌-」。
運ばれてきた瞬間に海老のイイ~香りがします^^

で、このスープが素晴らしく美味しい。
「元味」のラーメンを食べるとわかるのだが、まずなによりベースのスープがしっかりしている。
足腰のしっかりしたスープというのかな?
で、そこに海老の食欲を刺激する風味。
しかもその海老がローストされているのか、香ばしさをまとっているのがたまらない。

麺は2種類から選択可能。
通称「白」と呼ばれる白い細ストレート麺、「黄色」と呼ばれる札幌スタンダードな黄色い縮れ麺。
どちらも相性抜群だが、個人的には味噌にはやっぱり「黄色」が好きかな。

巷に海老ラーメンは増えているし、舌だって慣れてきているはず。
それなのに「海老ってこんなに風味豊かで美味しかったっけ?」と今更ながら海老の魅力を再発見しちゃうこと間違いなし。

これが「元祖」っていうんだから逆に驚きだよね。

あー・・・そんな美味しいスープも残りわずか・・・。
寂しいなぁ・・・。

そんな風にお嘆きのアナタ!
ご安心ください^^
ここにはこれから次のお楽しみがありますよ。

ジャーン!
その名も「おじやセット」

トレーに乗せられ運ばれてくる小鍋。
蓋を開けると中からご飯がこんにちは^^

そこにお好みの量のスープを注ぎ、固形燃料に点火!

グツグツしてきたら、ご飯を崩して卵をイン。
蓋をして一分ほどお待ちください。

ほらね^^
超絶品おじやの完成です!!
アッツアツのハッフハフ!
海老の風味に卵のまろやかさ・・・これを楽しむために寒空の中を歩いてきたと言っても過言ではない至福の美味しさ^^

はい!
フルコース完食です!!
最近体重がさらなる右肩上がりを続けているのでダイエットの事も頭をよぎったのだが・・・。
こればかりは私の意志の弱さが問題なのではなく、北海道弁で言うところの「飲まさっちゃう」ってやつですね。
罪があるのは美味しいスープの方です!

ちなみに、今なら駐車券サービスというのもやっています。
車で来たら是非おじやセットも頼んでくださいませ。
私の言う「飲まさっちゃう」が実感できることでしょう^^

もう一度言います!
おじやセットもオススメなので是非!!
・・・自分が痩せるより、みんなに太ってもらった方が近道なんじゃないかと思う今日この頃。

【元祖海老そば 縁や(えにしや)】
住所:札幌市厚別区厚別中央2条5丁目3-38 仙波ビル1F
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:55) 16:00~23:00(L.O.22:45)
定休日:なし
TEL:050-5593-7193

~~~~

ということで、札幌ラーメン最新事情2019の第一回目は「甲殻類」にスポットを当ててみました。

「カニを食べると無口になる」なんて言われますが、「美味しい海老やカニのラーメンを食べると饒舌になる」のは私だけでしょうか?(笑)

こんな感じで残り4週間も本特集にて美味しい札幌のラーメンとの出会いを大いに語っていきたいと思います。

毎週水曜日更新予定ですので、どうかお付き合いのほどよろしくお願いいたします。
・・・「大いに語る」というより、「ただ駄文を垂れ流しているだけ」のような気もしますが・・・(-_-)

次の記事へ

WRITER/大石 敬(札幌ラーメンコンシェルジュ)