屋外サウナで札幌の冬を満喫!「サっぽろサウナWEEK」は3/1から開催

サっぽろサウナWEEK

3⽉7⽇は⽇本サウナ協会が定めた「サウナの⽇」!札幌市では、3⽉1⽇〜3⽉7⽇を「サっぽろサウナWEEK」と題し、札幌をサウナで盛り上げる一週間として様々な取り組みを行います。今回は「さっぽろ羊ヶ丘展望台」で行われる屋外サウナイベントをメインにピックアップ。

サウナ発祥の地とも言われているフィンランドと北海道の気候がよく似ているのをご存じですか?遠いフィンランドと似た体験が北海道で出来るのはとても魅力的ですよね。冬の札幌の新たな魅力を体験しに出かけましょう!

チケットは2022年2月7日(月)12:00から販売開始です。購入は「サっぽろサウナWEEK」の公式サイトで!

※感染症拡大の影響等により予告なく実施内容が変更・中止になる場合があります。

「サウナの街サっぽろ」を目指す札幌市の取り組み

第1弾_さっぽろ創世スクエア会場のサウナ

クールダウン中の来場者:第1弾さっぽろ創世スクエア会場

札幌市は「サウナの街サっぽろ~Sauna City Sapporo~」をテーマに、現在まで第1弾「さっぽろ創世スクエア会場」、第2弾「さっぽろテレビ塔会場」で屋外サウナイベントを開催。

第1弾さっぽろ創世スクエア会場の来場者

老若男女問わず幅広い世代のサウナ好きでにぎわいました

サウナ人気の高まりを表すように、第1・2弾のチケットは発売からわずか約2週間で完売しました!

雪×屋外サウナ!「サっぽろサウナWEEK」の魅力

第1弾、第2弾の人気に応えて3月1⽇〜3⽉7⽇に開催される「サっぽろサウナWEEK」の会場は、「さっぽろ羊ヶ丘展望台」に決定!

そこで、「サっぽろサウナWEEK」の屋外サウナイベントの魅力をご紹介します。普段は温泉や銭湯でサウナに入らない人でも、開放的な屋外サウナを体験すればサウナ観がガラリと変わるかも。

「さっぽろ羊ヶ丘展望台」という絶好のロケーション

サっぽろサウナWEEK会場の羊ヶ丘展望台

一面雪に覆われたさっぽろ羊ヶ丘展望台(提供:さっぽろ羊ヶ丘展望台公式サイトhttps://www.hitsujigaoka.jp/)

札幌市という都市にありながら牧歌的で、四季折々の風景で人々を楽しませてくれる「さっぽろ羊ヶ丘展望台」は、道内外問わず人気の観光スポットです。冬になると一面に真っ白な雪の絨毯が広がります。こんな開放的なロケーションでサウナを楽しめる機会は滅多にありません。

4種類以上の屋外サウナが楽しめる!

ひと口にサウナと言っても、その種類は実にさまざまです。「サっぽろサウナWEEK」で利用できる屋外サウナはなんと4種類以上!それぞれのサウナの特徴をご紹介します。

■テントサウナ

極厚ステンレス鋼から放たれる熱感、薪の⾹りによる嗅覚、常時加湿と「ロウリュ」による湿熱感、⼤⾃然の中で浴びる冷感、そして、薪の炎の揺らぎを愛でる視覚。ただ、熱いだけではなく、感覚すべてを駆使して心身ともに開放されるような体験できるサウナです。

■サウナバス

サっぽろサウナWEEKのサウナバス
サっぽろサウナWEEKのサウナバス内部

全国初となる本格的サウナが⾞内で楽しめる「キャンピングサウナバス」。Made in 当⿇町「“ととのう”町」サウナプロジェクトから⽣まれたこのバスは、キャンプスペースと本格的なサウナスペースが装備されています。内装には当⿇町産の「トドマツ」を使⽤しており、⽊の⾹りがリラックス効果を高めます。専⽤設計のサウナストーブはサウナストーンも⽤意しているため、⽔をかけて蒸気を発⽣させる「ロウリュ」も楽しめます。

■バレルサウナ

サっぽろサウナWEEKのバレルサウナ
サっぽろサウナWEEKのバレルサウナ内部

サウナの発祥地フィンランドに古くから伝わる、樽型の形状をしたサウナルーム。今回は「道南杉」を⽤いたバレルサウナが利用できます。「道南杉」は熱伝導率が低く、空気を多く含む断熱性の⾼い樹種。天然の⽊材の⾹りを存分に楽しむことができます。

■ルーメットサウナ

YouTubeで⼈気のサウナチャンネル「&sauna」オリジナル商品の、移動式ルーメットサウナ。サウナファンが納得する、こだわり抜いたクオリティです。サウナの監修はサウナブームの⽕付け役「ととのえ親⽅」こと松尾⼤(まつお だい)⽒。サウナストーブは世界NO.1シェアを誇る「HARVIA(ハルビア)」社製を使⽤しています。

雪上にダイブ!氷点下の外気浴でクールダウン

サっぽろサウナWEEKは雪にダイブしてクールダウン

フィンランドのサウナといえば、クールダウンのため冷たい湖に飛び込んだり、雪にダイブしたりして火照った体を冷ますのが有名ですよね。ちょっとした度胸試しのように思えてしまいますが、実際にやってみると寒さは意外と平気なのだとか。むしろ気持ちいい!と感じる方が多いのだそう。屋外という解放感とマイナス気温での外気浴がクセになるかも!?

ほかにも来場者には嬉しい特典がたくさん!

サっぽろサウナWEEKでもらえるクーポンで札幌観光

「サっぽろサウナWEEK」の楽しみ方は屋外サウナだけではありません。来場者には、札幌市内で使えるお得なクーポン券をプレゼント!さらに、公式サイトでは市内のサウナ施設や、サウナ後のごはん「サ飯(サめし)」におすすめの飲食店を掲載した「サウナの街サっぽろ サウナMAP」を公開予定です。サウナをきっかけに札幌市内観光を楽しんで。

  • 来場者全員に「イオンウォーター」を配布
  • 札幌市内で使えるタクシークーポン券を抽選で配付
  • サウナスパ招待券やドリンクなどを抽選で配付
  • 気球に乗って札幌の夜景を楽しめる(強風や悪天候の際は中止)

 

チケット購入は「サっぽろサウナWEEK」の公式サイトで!

イベント開催中の新型コロナウイルス感染防止対策について

新型コロナウィルス感染対策

安心・安全にサウナを楽しんでもらえるよう、新型コロナウイルス感染症対策は万全を期して実施されます。「サっぽろサウナWEEK」は専門家の監修のもと、独自の「新型コロナウイルス感染症対策マニュアル」を策定。北海道が定める様式に基づく「イベント開催時、感染防止策」を記載したチェックリストを公表し、イベントを行います。

感染リスクを最小限にするため、屋外サウナは1時間45分の完全入替制となり、入れ替えの際には消毒を徹底します。
※感染拡大の状況を鑑みながら、開催直前であっても中止となる場合があります。

「サっぽろサウナWEEK」屋外サウナのチケットは2月7日(月)12時発売!

4種類以上のサウナを楽しめる「サっぽろサウナWEEK」の屋外サウナイベント。フィンランド式のクールダウンが体験できるのは雪がある今の時期だけ!冬の澄んだ外気を楽しみながら、極上のサウナを、極上のロケーションで楽しみましょう。

屋外サウナイベントの概要
開催期間:2022年3⽉1⽇(⽕)〜3⽉7⽇(月)
営業時間:11:00~21:00
会場:さっぽろ⽺ヶ丘展望台(札幌市豊平区羊ケ丘1番地)
料金:お一人様1時間45分あたり2,000円(税込)
チケット発売日:2022年2月7日(月)12:00~

チケット購入は「サっぽろサウナWEEK」の公式サイトで!

 

WRITER/ぐうたび北海道 編集スタッフ

あわせて読みたい!このエリアの関連ブログ

編集長お気に入り宿

編集長が泊まって選んだお気に入り宿★ぐうたびだけのお得な特典付き

2022年1月24日
中島公園

札幌パークホテル/憧れのPark in Park&中華ディナー1万9800円~!

2021年12月7日

最上階には天空露天風呂!札幌グランベルホテルがグランドオープン

2021年5月24日
花もみじ

「貸切風呂」で北海道の名湯を10倍楽しもう!タイプ別おすすめ温泉宿

2020年8月1日
スポンサーリンク
スポンサーリンク
サっぽろサウナWEEK