あかびら火まつり/2022年はフードイベントとして開催【夏祭り応援隊】

コロナ禍により中止やオンライン開催になるイベントが多かったここ数年。ですが、今年2022年はリアル開催をするイベントが増加中!

ぐうたび北海道も応援団となり、夏祭りをピックアップして応援!北海道の夏を盛り上げていきますよ~。

ぐうキチ
今回ご紹介するのは、2022年7⽉16⽇(⼟)に1日限定で開催される「あかびら火まつり」!

「あかびら火まつり」とは

今年の「あかびら火まつり」は有名グルメやキッチンカーが大集合!昼間はフードイベントとしてリアル開催をすることが決定しました。

夜は産炭地の象徴であるズリ山に灯る名物「火文字焼き」に、市内4か所で打ちあがる花火など、てんこ盛りのイベントになりそうです!

久しぶりの夏祭りを満喫しに出かけませんか?

第51回あかびら火まつり
イベント開催日/2022年7⽉16⽇(⼟)
開催時間/10:00〜18:00(もりもりグルメ)、20:00〜20:20(火文字点火・花火)
※花火は密を避けるため市内4カ所・5分間程度のものとなり、打ち上げ場所の公表はしません
所在地/ 赤平市コミュニティ広場(赤平市総合体育館横)
アクセス/札幌から道央自動車道経由、車で約1時間20分
旭川から道央自動車道経由、車で約1時間20分

あかびら火まつりの詳細はこちら

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、イベントの中止、内容を変更することがあります。

赤平市ってどんな街?

赤平市の田園風景

市内ののどかな田園風景(提供:赤平市)

赤平市は、北海道のほぼ中央に位置する「ものづくりのまち」。かつては石炭産業で栄えていましたが、炭鉱閉山後は鉱業から工業へ大きく政策転換しました。

市内では鞄などの製品や、スーツケース、トイレットペーパーなどの紙製品のほか、冷凍食品、水産加工食品、木工製品などを製造しています。

>>赤平市のふるさと納税返礼品はこちら

「あかびら火まつり」の歴史

過去のあかびら火まつりの様子

過去のあかびら火まつりの様子(提供:赤平市商工労政観光課)

石炭産業の最盛期が過ぎた街の停滞ムードを吹き飛ばそうという声がきっかけとなり、昭和47年3月に「第1回赤平市民祭り」として開催されたのが始まりです。

あかびら火まつりの火太鼓演奏

過去の火太鼓演奏の様子(提供:赤平市商工労政観光課)

2019年までは「火神輿」や「火太鼓演奏」、市民参加型の「火ょっとこ踊り」「タイマツリレー」など、伝統を引き継ぎながらも新しいプログラムが加わり、進化を続けてきました。

今年は待ちにまった3年ぶりの開催

2020年は中止、2021年はオンラインでの開催となりました。そのため、現地で開催されるのは実に3年ぶり。

ぐうキチ
イベントが開催できない間の街はどんな感じでしたか?
赤平市商工労政観光課 佐藤さん
市民にとって、赤平の夏と言えば「火まつり」です。
ズリ山に火文字が灯った時には、赤平を感じる瞬間だと思います。そんな夏の風物詩がないとなると何だか市民の皆さんも淋しい気持ちでいっぱいだった思います。

 

2022年のあかびら火まつりはフードイベントとして開催

3年ぶりにリアル開催となる2022年は、「食」をメインとしたイベントとして開催されます。

ぐうキチ
「火文字焼き」など伝統はしっかりと守りながらも、時代に合わせて変化できるところに、街のたくましさを感じるね

ここからは、2022年の開催内容をご紹介。このほか、パフォーマーによるステージも予定されており、追加情報が待ち遠しいですね!ぜひ公式サイトでチェックしてみてください。

出店

あかびら火まつり出店メニュー

出店メニューの一例(提供:赤平市商工労政観光課)

「お祭りといえばこれ!」という焼鳥、若鳥から揚げ、フライドポテト、チョコバナナなどが並びます。

出店予定
・アイコファーム/パキスタンカレー、塩ザンギ、チキンレッグ、揚げじゃが、ラッシー
・農研百姓塾/ぐるぐるウインナー、骨付きボンバー、豚の丸焼き(焼き豚)
・ティーズブロウイング/鶏の山賊焼き、やきとり、ホルモン焼きそば、ジャンボ串ザンギ
・日高屋/カレーライス、クレープ、かき氷
など

キッチンカー

あかびら火まつりのキッチンカー

キッチンカーメニューの一例(提供:赤平市商工労政観光課)

キッチンカーでは燻製サンド、タコス、エゾシカ肉のラクレットやスイーツの数々などお洒落系グルメもあり、とにかく多彩!

出店予定
・燻製と檸檬Bitters/燻製サバサンド、燻製手羽先、レモネード
・ダイヤモンドバーガー/なまらデカザンギバーガー、てりやきバーガー、ベーコンチーズバーガー
・松尾ジンギスカン/松尾ジンギスカン丼、松尾ジンギスカン皿盛り、羊肉煮込みハンバーグ丼
・COWBELL/エゾシカ肉のラクレット、ラクレットチーズサンド、放牧ミルク
・光進丸/たこ飯、焼きホタテ、タコ1本焼き、タコ唐揚げ
など

伝統の火文字焼き

あかびら火まつりの火文字焼き

過去の火文字焼き(提供:赤平市商工労政観光課)

京都の「大文字焼き」にヒントを得て、昭和48年に市内の若者(青年会議所)が始めた「火文字焼き」。

先人たちが守り続けてきた「山の灯だけは消さない」という想いを受け継ぎ、今年もズリ山の左斜面に「火」の文字が浮かび上がります!

子ども縁日

あかびら火まつりの子ども縁日

過去の駄菓子屋コーナー(提供:赤平市商工労政観光課)

昔なつかしい駄菓子屋コーナーや射的、お楽しみくじなどの縁日もあります。

花火

あかびら火まつりの花火

過去の花火の様子(提供:赤平市商工労政観光課)

花火は市内4カ所で約5分間打ち上げられる予定です。人の密集を避けるため打ち上げ場所の公表はありません。

ぐうキチ
どこで打ちあがるかわからないとサプライズみたいでドキドキするね♪

新型コロナウイルス感染防止策へのご協力のお願い

コロナ対策のイメージ

安全なイベントはみんなでつくろう

実行委員会は、安全に楽しめるように感染防止策を実施します。みんなでマナー・ルールを守って楽しみましょう。

  • 会場内ではマスクを着用しましょう
  • 会場内では十分に間隔を空け、ソーシャルディスタンスを確保しましょう
  • 入場口及び場内各所のアルコール消毒液で、こまめな手指の消毒をしましょう
  • 飲食は会場内に設置した飲食スペースでお願いします
  • 感染拡大防止のため、会場でのアルコールの販売や持込は禁止です
  • マスクを外すのは飲食時のみとし、マスク会食を心掛けましょう
  • テーブルはスタッフが定期的に消毒を実施します。各自備え付けの消毒液で感染予防をしましょう
  • 会場内では大声を出したり、騒いだりしないようにしましょう

 

ぐうキチ
新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のインストールをしてからのお出かけがおすすめです

※今後の感染状況によっては、主催者の判断で対策を変更する可能性があります。

「あかびら火まつり」は7月16日(土)開催!

今回は「あかびら火まつり」をご紹介しました。

ぐうキチ
最後に、赤平市商工労政観光課 佐藤 文計さんから一言どうぞ!
赤平市商工労政観光課 佐藤さん
昨年はオンラインでの開催でした。今年は日程・内容を短縮しての開催とはなりますがリアルでの会場開催となります。

お昼はフードイベントを中心した「火まつりもりもりグルメ」、そして夜は伝統のズリ山火文字点火を今年も行います。

是非、会場に足を運んでいただき、もりもり食べて火まつりを盛り上げて欲しいです!

※最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

あわせて読みたい!おすすめブログ

ガーデンフェスタ北海道2022の花のオブジェ

【ガーデンフェスタ北海道2022】花とグルメのイベントへ行ってきました

2022年6月28日
サホロリゾートのサウナストーン

【十勝の新名物サウナ】本場フィンランド式ロウリュが楽しめるホテル

2022年6月9日
ソラニワのムササビ

スリル満点★地上10mアスレチック!夏休みはソラニワの「ムササビ」へ

2022年5月27日
開港160周年記念 函館港まつり

花火大会&夏祭り特集☆北海道の夏イベント2022

2022年5月25日

      

メルマガ登録はこちらから

※掲載内容は、6月30日時点の情報です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク