【ガーデンフェスタ北海道2022】花とグルメのイベントへ行ってきました

ガーデンフェスタ北海道2022の花のオブジェ

ぐうたび北海道 副編集長のいっし~です。2022年6月25日(日)~7月24日(日)まで恵庭で開催している第39回全国都市緑化北海道フェア、通称「ガーデンフェスタ北海道2022」に行ってきました。

ガーデンフェスタ北海道2022で記念撮影

手に持っているパンフレットは公式サイトでも見られます

開催初日の6/25(土)と6/26(日)の二日間だけで、なんと約3万7000人の人が来場。お花とグルメがいっぺんに楽しめるイベントでした!

メイン会場、花の拠点「はなふる」にはイベント期間中だけの特別展示が登場!いっし~おすすめの見どころを写真といっしょにご紹介します。

ガーデンフェスタ北海道2022 はなふる会場
イベント開催日/2022年6月25日(土)~7月24日(日)
開催時間/9:30~17:30
入場料/無料
所在地/花の拠点「はなふる」(恵庭市南島松828-3)周辺
アクセス/・JR恵庭駅東口より無料シャトルバスで約8分(約10分間隔で運行)
・札幌駅から車で45分
・えにわコミュニティバス「はなふる」バス停下車、徒歩約2分
駐車場/あり・無料
※土日祝限定でえにわコミュニティバス、えにわコミュニティタクシーが運賃無料

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、イベントの中止、サービス内容を変更することがあります。

「ガーデンフェスタ北海道2022」とは

ガーデンフェスタ北海道2022ロゴ

提供元:ガーデンフェスタ北海道2022公式サイト

「全国都市緑化フェア」は、花と緑に関する国内最大級のイベントです。北海道での開催は36年ぶり!花の拠点「はなふる」をメイン会場として、道内各地にある協賛会場が連携し、北海道全体で盛り上がっています。

イベントに合わせて、庭園出展コンテスト、ハンギングバスケット・コンテナガーデンコンテストの部門に分かれてコンテストも開催されました。

ぐうキチ
創意工夫にあふれた出展作品は「はなふる」会場で見ることができます♪
はなふるで貰えるガーデンフェスタカード

はなふるで貰えるガーデンフェスタカードの表面と裏面

メイン会場と協賛会場では「ガーデンフェスタカード」を配布しています。ドライブしながら道内の会場を周って記念に集めてみるのもいいですね。

「はなふる」までは無料シャトルバスでらくらく移動

イベント期間中はJR恵庭駅東口から「はなふる」まで無料シャトルバスが運行しています。しかも約10分間隔ということなので、待ち時間が少なくてとっても便利。

ガーデンフェスタ北海道2022の無料シャトルバス

自家用車がなくても気軽に行けるのが嬉しい

駅構内から東口出たら左手のバスターミナルへ。スタッフさんが「はなふる行きですよ~」と声をかけてくれるので乗り間違いもなさそうです。会場までは約8分。道路脇の綺麗な花壇を眺めていたらあっという間に到着です。

ガーデンフェスタの見どころ①コンテナガーデン

シャトルバスを降りたらメインゲートを通って「はなふるエリア」へ。こちらのエリアは円状になっており、メインゲートを抜けて時計回りに進むと「コンテナガーデン」が見えてきます。

ガーデンフェスタ北海道2022のコンテナガーデン

コンテストの出展作品がU字の道に沿って並んでいました

こんな素敵なコンテナがあるお庭に住んでみた―い!

ガーデンフェスタの見どころ②アーカイブプロムナード

さらに時計回りに進むと、隣接する道と川の駅「花ロードえにわ」があり、その前に「アーカイブプロムナード」はあります。

ガーデンフェスタ北海道2022のアーカイブプロムナード

通路の両脇にパネルが展示されています

恵庭市の「花のまちづくり」のあゆみや、北海道の花めぐり、庭めぐり、全国の緑化の取り組みを紹介する大型パネルが並んでいます。

文教大学附属高校とCAFE食堂.キズナのコラボメニュー

ノボリが立っているから見つけやすい

「花ロードえにわ」の前には地元のカフェ「CAFE食堂.キズナ」さんの出店があり、北海道文教大学附属高等学校とのコラボメニュー「えにわ産ド」を販売してしていました。が、昼過ぎにはもう売り切れ!食べたかった…!

文教大学附属高校とcafe 福座のコラボメニュー

ハサムハスカップ(提供元:ガーデンフェスタ北海道2022公式サイト)

7/2(土)・7/3(日)には「cafe 福座」さんと北海道文教大学附属高等学校のコラボメニュー「ハサムハスカップ」が数量限定で販売されるので、食べたい人は昼前に行くのがおすすめですよ。

ガーデンフェスタの見どころ③ハンギングバスケット

アーカイブプロムナードを過ぎると「ハンギングバスケット」の展示があります。こちらもコンテストの出展作品がずらーりと並んでいました。

ガーデンフェスタ北海道2022のハンギングバスケット

受賞を逃した作品も十分素敵

写真右下は「恵庭市長賞」を受賞した作品です。受賞の理由は「落ち着いた色合いの花を多く使い、作品全体に優しさや大人の色合いが感じられる。色も技術もすばらしい成熟した恵庭の花飾りを集約したような作品。」だそう。

審査員の講評は公式サイトで見られます。実際に作品と講評を見比べてみるのも面白いかも!

今だけのまぼろしの花壇!中央芝生広場花壇

イベント期間中は中央芝生広場のステージでトークショーやライブなどが開催されます。ステージそばにある約1,100㎡の大花壇は必見です。普段は芝生のスペースが期間限定で色とりどりの花壇に変身!

ガーデンフェスタ北海道2022限定の花壇

大花壇はカメラの画面に収まらない広さ

黄色をベースに花色のグラデーションが綺麗~!花壇の真ん中を通る散策路にはフォトスポットがあるので、記念撮影におすすめです。

日替わりキッチンカーでグルメも満喫

休憩広場では日替わりでキッチンカーが大集合!のべ40店舗を超えるお店のグルメが堪能できます。

ガーデンフェスタ北海道2022の休憩広場

大きなモニターから中央芝生広場のステージ映像が流れます

この日来ていたキッチンカーは、エゾシカサンド、室蘭やきとり、ヤンニョムチキン、ドーナツ、おむすび、お好み焼き、クレープなど。こちらも大盛況で、15:00頃には売り切れになる商品が多かったです。

ガーデンフェスタ北海道2022で買った室蘭やきとり

思い出すだけでお腹が減ってきちゃう!

個人的には、炭火で焼き上げた室蘭やきとりが最高でした~。列ができるほど大人気だったので常に焼き立て状態。青空の下、出来たての豚串にタレをたっぷり絡ませて、カラシをちょんと乗せて、ガブっと!すっごく柔らかくって5本なんてペロリですよ。

ガーデンフェスタ北海道2022のキッチンカー

食べられるお花エディブルフラワーがかわいい「ブーケソフト」

お花畑のようなソフトクリーム「ブーケソフト」も発見!思わずSNSに上げたくなる見た目ですね。

ガーデンフェスタ北海道2022は7月24日(日)まで開催!

花の拠点はなふるの花壇

常設の花壇も見ごろでした

お花を堪能して夏を感じた後は、何を食べようか迷ってしまうほど豊富なキッチンカーでお腹もいっぱいになる大満足なイベント「ガーデンフェスタ北海道2022」でした。

ぐうキチ
恵庭市緑化フェア推進室の岡 大貴さんから一言どうぞ!
岡さん
国内最大級の花と緑の祭典が恵庭市をメイン会場に開催中です!

メイン会場は約20万株、900種類の花で彩られております。中でも「はなふるエリア」の中央芝生広場には黄色をベースにブルー・オレンジ・ダークレッドなどの花色グラデーションを楽しむことができる1,100㎡の大花壇が見どころです。

ほかにも土日祝日には「中央芝生広場ステージ」で音楽やダンス・吹奏楽をはじめとした様々なプログラムを開催します。
この夏はガーデンフェスタ北海道2022へぜひお越しください!

※プログラムはお日にち限定のものもあるので、お出かけ前に公式サイトにてご確認ください。

あわせて読みたい!おすすめブログ

ソラニワのムササビ

スリル満点★地上10mアスレチック!夏休みはソラニワの「ムササビ」へ

2022年5月27日
開港160周年記念 函館港まつり

花火大会&夏祭り特集☆北海道の夏イベント2022

2022年5月25日

春のお花スポットを巡る大人女子旅✿滝川~長沼の魅力再発見!

2022年4月8日

      

メルマガ登録はこちらから

※掲載内容は、6月27日時点の情報です。

WRITER/ぐうたび北海道 編集スタッフ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ガーデンフェスタ北海道2022の花のオブジェ