定山渓「雨ノ日と雪ノ日」でランチ♪“雨雪の贅沢サラダピザ”

雨ノ日の外観

こんにちは。ぐうたび編集部マサです。
定山渓にある「雨ノ日と雪ノ日」でぐうたび編集長と二人でランチをしてきました。

2018年9月にオープン「雨ノ日と雪ノ日」

雨ノ日と雪ノ日。第一寶亭留グループのカフェ

「雨ノ日と雪ノ日」は、第一寶亭留グループ(※1)が2018年9月にオープンさせた食事のできるカフェで、グループホテルの料理人がメニューをプロデュース。
自社菜園の野菜や厳選した食材やを使用したピザやジェラートなどがいただけます。

天気の良い日はもちろんのこと、雨や雪の日にもふらりと立ち寄って、いつもよりゆっくりのんびりできる場を作りたい・・・ということでこのカフェができたとか。
雨の日と雪の日に利用すると嬉しいサービスがあるんですよ。

翠山亭グループの料理長がプロデュース「スープ&ピザ」

ピザは、「1枚あたり30センチ程の大きさなので二人なら1枚で充分」とのことなので、ピザとスープのセットを一つ、単品でスープを一つ注文しました。この日選んだのは、イチオシの「雨雪の贅沢サラダピザ」です。

じゃ~ん!これが、雨雪の贅沢サラダピザ(1800円)。
ベースはトマトソース、トッピングは自家製生ハムやサラダ、その下にサーモン、成田養鶏場の卵、モッツァレラ、ミニトマト。スープは、二人とも本日のスープ(かぼちゃ)を注文しました。
美味しそう~!
因みに、具だくさんなので小さく切り分けず、4つに切ってトッピングを包み込むようにして食べました。
他にもマルゲリータ(1200円)や、4種のチーズピザはちみつ添え(1400円)など気になるピザがあり、次回はこの二つのどちらかにチャレンジしたいと思ってます。ピザはテイクアウトもできます。

ジェラートは14種類から「ダブルorトリプル」で

14種がズラリと並ぶジェラートは、ダブル450円かトリプル550円からセレクト。
私は、第一寶亭留グループのアプリでゲットした「食後にジェラート・ダブルをプレゼント」のクーポンを持っていたので、ここは迷わずダブルを注文。

14種類の中から選んだのは「フラノ小松シェフ・5種のハーブ」と「夏目総料理長の黒千石大豆」。やっぱり、シェフの名前が付いていると惹かれますね。

黒千石は、ほのかな香ばしさとモッチリ感が独特で、コクがある味。5種のハーブは、香りがたっていて爽やか。いろんなハーブがたくさん入っている割にクセが強くなく、ミルク感たっぷりで甘くて上品、後味もスッキリしていました!

味わいの全く違うこの2種類のチョイスは、我ながら絶妙だったと思います♪ どちらかというと、私は「フラノ小松シェフ・5種のハーブ」の方がお気に入り!

この日は「晴れ」ていたので、ジェラートカップには「晴れ」マークがスタンプされています。

お天気スタンプはこんなに種類が・・・!
店内には雨の日にちなんだグッズやオリジナルの器なども販売しています。

中でも一番目を引くのがかわいらしい「フルトン」のビニール傘。

英国王室、女王エリザベス二世陛下御用達ブランド「フルトン」の傘がここで買えちゃいます。

営業時間がかかれた黒板はイラストもかわいかった曜定休

朝は9:30~と早めのオープンなので、グループホテルに宿泊して、朝食は「雨ノ日と雪ノ日」でブランチをいただくのもよいかも。

メニュー
・ジェラート/ダブル(450円)、トリプル(550円)
・ピザ/7~8種類(1200円~1800円) ※+料金でトッピング複数あり
・スープ/本日のスープ、夏目総料理長の味噌汁(各400円、ピザとセットは+200円)
・ドリンク/コーヒー、ソフトドリンク、モレッティ、サッポロ黒ラベル(小瓶)など(350円~600円)
※料金は全て税別
※PIZZAは16:30ラストオーダー
雨ノ日と雪ノ日
札幌市南区定山渓温泉西2-41
9:30〜17:00(6月以降10:00~17:30)木曜定休
Tel: 011-596-9131

※1<グループホテル>
・定山渓第一寶亭留 翠山亭
・翠山亭倶楽部定山渓
・女性のための宿 翠蝶館
・厨翠山
・支笏湖第一寶亭留 翠山亭
・支笏湖 翠山亭倶楽部
・フラノ寶亭留
※旅籠屋定山渓商店(7月26日オープン)向けにお酒に合うピザ を「雨ノ日と雪ノ日」が監修

WRITER/ぐうたび北海道 編集スタッフ

あわせて読みたい!翠山亭グループの宿泊体験記

料理人達の厨房で食事!「厨翠山」1泊2日&定山渓湯めぐり体験

2019年1月14日

フラノ寶亭留~ミシェルブラスで修行をした小松シェフの絶品料理体験

2018年12月12日
雨ノ日の外観