夏が狙い目!ワン・ニセコのプレミアムスイートとディナーが1万円!

レストランTura

こんにちは!ぐうたび編集部 前野です。
いまニセコが狙い目だって知っていますか?

宿泊料金が高くなりがちな夏の北海道、逆に人気のスキーシーズンを終えたニセコは今が穴場なんです!早速、妹と2人でニセコ・アンヌプリにある「ワン・ニセコ・リゾート・タワーズ」へ行ってきました。

10階プレミアムスイートTatami 67㎡~から見下ろす新緑の絨毯

ギャラリー
「ワン・ニセコ・リゾート・タワーズ」のデザインを手掛けているのは、あの有名な建築家・隈研吾さん。アイヌが崇拝する自然との調和をコンセプトに、入り口やロビーなど随所に木の素材をそのまま生かしたデザインが施されています。

一緒に行った妹は今回で3回目のリピート。「お料理も美味しいし、部屋も好き」だそうで、どれどれ、早速お部屋を見に行こう♪

リビングルーム
East10階の1011号室、プレミアムスイート・Tatami(67~70㎡)。リビングと和室、ベッドルームを備えた客室で、こちらは中央に二人掛けのゆったりソファが置かれたリビングルームです。
テレビ横に虫撃退スプレーを発見。自然に囲まれているからしょうがない…と覚悟したものの今回は出番なしでした。ホッ
(着いて早々、真っ先にビールを冷やす妹。まるで我が家)

10階からの眺め
窓からの眺め。高~い!10階から見下ろすと一面の新緑が絨毯のよう!お天気も良くて本当に気持ちがいいです。

マンションみたいな部屋
広い室内には何でも揃っています。普通に生活ができそう。

(左上)ベッドルーム。ベッド上には館内着の作務衣。
(右上)畳の部屋もある!なるほど、Tatamiスイートだもんね。面白~い!
(左下)食器、鍋、ザル、包丁、まな板、炊飯器、おたま、お箸、グラスなどズラリ。
(右下)ドラム式洗濯機まで!連泊には嬉しいですね。

カフェ
1階ではカフェがオープン。ティータイムができるのはもちろん、16時~18時まではハッピーアワーでビールが半額♪うれしい!グリーンシーズンは10階バー「ワンバー」がクローズしていますが、お酒はこちらでも楽しめます。
大満足1万円プランは、こちらのカフェまたはレストランで使えるワンドリンクチケット付きです。

レストランTuraの窓際席でカジュアルディナーとワインを愉しむ

レストランTura入口
1階ロビーを通り抜けて、West10階レストランTuraへやってきました。夕食はドレスコードがあるので館内着はNGですが、わりとラフな服装で大丈夫そうです。

Tura前菜
一品目は、勇払産桜姫鶏と自家製リコッタチーズの冷菜から。しっとり火の通った鶏肉に、ほろほろのリコッタチーズが相性抜群。バルサミコソースのアクセントも良い!一杯目に頼んだスパークリングワインも大正解。お酒が進みます。

Turaパスタとスープ
(左)ショートパスタ:北海道産ブロッコリーソース。とっても爽やかな香り。もちもちというより、むちむちのパスタにメレンゲが絡んで美味しいです。
(右)北海道産地元野菜のポタージュ。シナモンが結構きいているけれど、それがまたちょうど良く、野菜の甘みを引き出してくれます。

Turaお肉
真狩産ハーブポークのロースト ニセコ産北あかりのピュレと、おすすめ赤ワイン。お肉は赤みが多めなのにとっても柔らか!そして野菜が甘いこと。北あかりのピュレは良い塩加減。ゴロンと大きめのお肉に添えて、あっという間の完食です。「おいしいね!」と喜ぶ妹。

Turaデザート
締めくくりは美しいデザート。渦巻の下にはフランボワーズのムースが隠れています。うん、この酸味がいい!
品数少なめのカジュアルディナーと聞いていましたが、ワインを楽しむにはちょうどいい量。パンをお代わりしたので、ちょっと満腹気味なくらい。

どのお料理も、食感や香りが印象に残る個性的な一皿。運ばれるたび、わぁこれはどんな味だろうとワクワク感があり、ますます次のお料理が楽しみになります。爽快な緑を眺めながら、美味しい料理とワインのマリアージュ。うーん、、贅沢でした。

昼は明るく、夜はほの暗く。自然と調和した大浴場

露天風呂

▲露天風呂の写真は公式HPよりお借りしました。

館内着に着替えて温泉へ。温泉はニセコモイワ温泉を源泉としたナトリウム炭酸水素塩泉・塩化物泉。昼は内湯も大きな窓から光を取り込み、夜は明かりを落としてほの暗くなり、自然に調和した空間。ほっと落ち着ける大浴場です。

部屋でも晩酌
温泉のあとはお部屋で二次会♪ 実は夕食前、ビール片手にタケノコを湯がいておきました。明るい時間のキッチン飲みって、最高のご褒美ですよね。私はその為に今日も生きています。

道中、山でタケノコを発見したものだから、「はっ!部屋にキッチン付いてるよね!」と閃いて採ってきたのです。そして妹がちくわを買ってきてアート作品に。(手前から、猫、竹、夢の架け橋、オバケ) 味噌マヨをちょんちょん。むっふっふ、美味しい~。
ひとしきり笑って、飲んで語って。さらに畳の部屋に移って、三次会が始まるのでした。

今度はニセコのチーズやシャルキュトリーとかも楽しみたい!売店に醤油、塩、ケチャップなど、ちょっとした調味料なら置いてありましたよ。

翌日は12時チェックアウトまでのんびり滞在

Tura朝の景色
朝食も夕食と同じくWest10階レストランTuraで頂きます。どの窓から覗いても素晴らしいこの景色。青々と眩しい緑に身体が目覚めてきます。うーん、お腹空いてきた!

Tura朝食バイキング
気ままなブッフェスタイルの朝食。レストラン自体は広いけれど、大きく3つの空間に仕切られているので、他の人の存在があまり気になりません。
朝食は7:00から10:00までなので(最終受付は9:30)朝寝坊さんも安心ですね。

テラス
ぐうたびの大満足1万円プランはチェックアウトが通常11時→12時になる特典付き。朝食の後はお部屋でゆっくり過ごして、カフェやテラスでものんびりできますよ。

美味しいお食事と、キッチン付きの広いお部屋の居心地の良さ、そして、一面の緑、緑、緑。
贅沢でゆるやかな時間を思う存分、満喫できました。さぁ、ニセコのグリーンシーズンをぜひお得に楽しみませんか♪

◆ワン・ニセコ・リゾート・タワーズの詳しい宿情報はコチラ

【大満足★1万円】カジュアルディナー&ワンドリンク&12:00アウトも付いて大満足!!

 

WRITER/ぐうたび北海道 編集スタッフ 前野

レストランTura