【シャトレーゼガトーキングダム】味覚会席プランが半額以下!札幌裏夜景・天然温泉&プールもたっぷり満喫

手間暇かけた味覚会席に、温泉・プール、最上階夜景で大人も大満足

こんにちは!ぐうたび編集部の前野です。
プール・温泉・バイキング、のイメージが強いシャトレーゼガトーキングダムサッポロホテル&スパリゾート。今回は和食処の会席プランに姉と二人で泊まってきました。
▼プランの詳細・ご予約はこちら
通常2万4250円相当の味覚会席プランが半額以下の1万円!

外観

▲札幌市北区東茨戸「シャトレーゼガトーキングダムサッポロホテル&リゾート」

札幌駅から送迎バスで約40分(途中、麻生駅にも停車)、札幌市内でも自然豊かな北区東茨戸にある「シャトレーゼガトーキングダムサッポロホテル&スパリゾート」。“家族に優しいリゾート”をコンセプトに、温泉・プールや、レストランにスイーツショップなど充実した施設で「ガトキン」の愛称でも親しまれています。

冬も入れる温泉プール!ウォータースライダーの後は天然温泉へ

プール

▲プール&温泉は撮影NGのため、公式HPから写真を拝借。

プールと温泉にはチェックイン前から入れるということで、13時40分着のバスで早めにホテルへ。
水着レンタル(有料)やタオルセットもあるので手ぶらでもOK。冬期は屋外プールは使用できませんが、ウォータースライダーが滑れるので十分楽しめます!

温泉

▲内湯は低・高温湯、歩行湯、サウナも豊富。露天風呂は天然温泉♪(公式HPより拝借)

2階プールを出たら、水着を脱いでそのまま3階の温泉へ。
露天風呂は岩造りの浴槽と陶器風呂が2つ。茶褐色で強塩泉のお湯はお肌がツルツルになるので「美人の湯」とも言われているのだそう。この日は急に雪が降り、写真通りの雪見風呂に♪最高!
さて、しっかり美人になったところで、チェックイン!

テレビ付きのバスルームも魅力!38㎡デラックスツインルーム

デラックスツイン

▲38㎡デラックスツインデザイナーズルーム。(3名以上は通常のデラックスツイン)

すってき~!想像よりも広い。ベッドやテーブルが低め、色合いも統一されているから広く感じるのかな?

バスルーム

バスルームはバスタブが大きい。しかもテレビ付き!温泉もいいけどこっちも入りたいな。

お部屋からの眺望

お部屋からこんなにのどかな風景が。今日はあいにくの曇り空でちょっぴり残念です。。

さて少しお部屋で寛いでから、気になっていたケーキ屋さんへ。

ファンタニヴェール

▲ホテル1F宮廷菓子「ファンタニヴェール」。9:30~20:00営業

館内にはケーキショップが2つあり、1つは全国展開している自社の直営店「シャトレーゼ」。そしてこちらは、ここにしかない完全ホテルメイドの「ファンタニヴェール」です。

ケーキ

ホテル内で毎日これだけの種類を手作り!週末はこちらのケーキも食べられるデザートビュッフェが大変な人気で、毎回すぐに完売してしまうんだとか。

焼き菓子もすべて手作り。「お土産はここで買う!」と熱心に物色している姉。

特にリピーターが多い人気商品が「チードラ」。
ふわっ、しっとりな軽めの生地に、さっぱりとしたクリーム。これは、病みつきになるのも分かります。

特別に作っている所を見せてもらいました!

ひとつひとつ丁寧に作っているのがよくわかります。鉄板のうえに、等間隔でホイップしていく技はさすが熟練のパティシエさん。
もちろん翌日、お土産に買いましたよ!一個160円~という手軽さもうれしい。
さて、甘い誘惑を振り切って夕食会場へ。

手間暇かけた“あたたかい”お料理。味覚会席コース


夕食は和食処「大善」で味覚会席和食コースをいただきます。

このプランで案内されるのは、仕切りのある掘りごたつタイプ。ただ、和食処はこのほかにもたっくさんのお席があって・・・

金の部屋

金ピカの個室席まで~!!笑 ここは海外からのお客さんに、とっても喜ばれるのだそうです。ふふふ

さて、お楽しみの夕食です!じゃあぁ~ん。

お品書き2

11月に宿泊したこの日は秋のお品書き。来月からは冬のお品書きにがらりと替わります。

ビールぐびぐび

生ビールで喉を整える姉。ぐいーーっ! はい、準備万端です。

鮭の南蛮漬け

ビールと同時に出てきたのは「鮭の南蛮漬け」。会席コースとは別にお酒を頼んだ人にのみ、アテとして出してくれます。ちょうど良い酸味でさっぱり。

先付と差味

蕎麦掻揚げ出汁は大きな銀杏が中からごろり。器も温めてあって熱々です。お刺身はエビ、マグロ、タイの3種盛合せ。 うん、お酒が進みます。

紙鍋

豚肉と野菜の和風ポトフ。優しいお出汁にじゃがいもやカブなど野菜がゴロゴロ。どれも甘い。爽やかな柑橘系の香りも感じます。

焼肴

八角の葱味噌焼きは見た目ほど味噌が濃くなく、上品な味。この時期のお魚はやっぱり脂乗りが良いですね。

油皿

柳葉魚東寺揚げ。分かりにくいですがこの柳葉魚大きいです!衣の湯葉がザクッザクッと食感が面白い。蓮根煎餅も香ばしい。

この時点でかなりお腹が膨れています。が!

食事

お寿司~!やったね。丁度良い量なので、おなかいっぱいでも全然食べれます。サーモンとつぶ、大好きな鯖のバッテラ!

バッテラ

いただきま~す!喜びの2ショット撮影。むふふ

水菓子

デザートは柿、キュウイ、梨。 あー、本当にもうお腹いっぱい。

蕎麦掻や湯葉揚げ(東寺揚げ)など、手間暇かけた手作り感のある“あたたかい”お料理のコース。秋の旬の食材をたっぷりと楽しめて、お腹も心も元気に。ごちそう様でした!

「最上階にあるバーの夜景がきれいですよ」とホテルの方がオススメして下さったので、夜はバーへ。

ポールスター

大人っぽい落ち着いた雰囲気の「ポールスター」。あっもうすでに夜景が見える♪ いざ。

ポールスター夜景

川の向こうに広がる美しい煌めき…、まさに札幌の裏夜景。すごくキレイです。ホテル周辺に高い建物がないので遠くまで見渡すことができます。

バーテンさん

やだ、しかもバーテンさんイケメン! 女2人、テンション上がります。
(張り切って動画で撮影したことが仇となり、荒い画像しか残っていません。泣)
1杯目はキールとシャンディガフ。お酒の種類がものすごく多い。2杯目はどうしよう・・・と、すでに悩む。

イケメンさん…じゃなかった、バーテンさんがお花をつけてくれました。見えるかな?
この日は運よく貸し切り状態で、久しぶりのバーに大はしゃぎでした。

ソファ席

この他、夜景に面したカウンター席や2人きりの空間を楽しめるソファ席もあり。次回来たときはここに座りたいな。

らーめん
地下1階ではラーメン屋さんが夜だけ開店。酔っ払いにとって何たる誘惑!でも、明日の朝食を美味しく食べるためにガマンガマン…。

吹き抜けの開放的なレストランでオムレツが美味しい朝食バイキング

朝の景色

さぁ翌日。おはようございます! 今日は良い天気になりそう。

朝食レストラン

朝食はレストラン「ヴィーニュ」でバイキング。11階まで吹き抜けになった圧倒的な開放感! これは気持ち良い!

オムレツ

オムレツの実演コーナーを発見!これ頼まない人いないでしょう。チーズオムレツをお願いしました。

帆立ごはん

牛乳とバター、帆立。北海道の美味しいものが集まった帆立めし。本当に美味しかった…。

フレンチトースト

パンコーナーにはフレンチトースト。お隣には、いま流行りのこっぺぱん。むむむ、和食派の私だけど、これは惹かれます…。

朝食

整いました。先ほどカレーの存在を知ってしまったので、やや少なめに。

朝食風景

窓の近くの席にして正解。気持ちがいい・・・。向こうに小さく見えているのがプールのウォータースライダー。

カレー

はい、2巡目のカレーです。お子様も食べられる甘口カレー。でも、大豆がホクホクしてしっかりコクがあるので大人も美味しく食べらます。

ケーキとカフェオレ

レストランで出されているケーキは全て自前。2つのケーキショップの他にも地下にケーキ工房があるそうで、それら3か所から提供しています。スイーツに対して何という力の入れよう。文句なく美味しいです。

お粥おかわり

おや!?さっき、デザートを食べていた姉がまたお箸を握っている・・・。どうしてもたらこでお粥が食べたかったらしい。わかるよ~!一回締めても、やっぱり食べたいものってあるよね。

中華粥

注:ちなみに中華粥コーナーにはこんなに薬味が用意されています。あしからず。

こどもしょっき

お子様用の食器と一緒に離乳食のサービスコーナーや、直接テーブルに取り付ける赤ちゃん用の椅子があり、小さなお子様連れの家族に配慮されているのも印象的でした。

お子様貸し出し
さらに、館内のいたるところにお子様の貸し出しグッズや絵本コーナー、記念撮影スポットがあります。4年ほど前には客室の壁紙やカーペットをすべて変えて全室禁煙化に。最近は増えてきた全室禁煙化ですが、当時の札幌市内ではかなり早いほうだったそうです。
帰りのバス
もちろん帰りも送迎バスで。お土産いっぱいでも、札幌駅までゆったり乗れてうれしい!
しかもいっぱい飲んで食べたのに、プールで消費して体重が増えてなかったのも嬉しいおまけ。笑

シャトレーゼガトーキングダムサッポロホテル&スパリゾートのおすすめプラン

大人気!冬の大満足プランも秋と同じ半額以下!お部屋38㎡デラックスツインに夕食は冬の味覚会席和食コース
■シャトレーゼガトーキングダムの基本情報はコチラ
■シャトレーゼガトーキングダムの宿泊プラン一覧はコチラ

WRITER/ぐうたび北海道 編集スタッフ