十勝川温泉第一ホテル豊洲亭◆冬のモール温泉&十勝づくしの「豊洲膳」を体験!

十勝川温泉第一ホテル外観 豊洲亭側

こんにちは。ぐうたび編集部のタニです。今回は、気になっていた「十勝川温泉第一ホテル」スパ・スイート豊洲亭へ。十勝川温泉の冬の夜を彩るイベント 光と音のファンタジックショー「彩凛華(さいりんか)」のプレオープンも体験してきました!

チェックインはプレミアムラウンジから始まる特別な時間

帯広駅からレンタカーでホテルまで約30分。15:30過ぎに無事到着です。

豊洲亭プレミアムラウンジ

十勝川温泉第一ホテルには豆陽亭と豊洲亭があり、今回はグレードの高い豊洲亭に宿泊。チェックインで案内されるのは館内の専用エレベーターでのみ行ける3階のプレミアムラウンジ。
そこでまず目に入るのは目の前の暖炉と大きな窓。窓からは十勝川と白鳥大橋をパノラマで見ることができます。これは十勝川に面したホテルならではの景観ですね。

ウェルカムサービスのフルーツドリンクやスパークリングワイン

うっとりと景色を眺めながら、ウェルカムサービスを体験。季節のフルーツドリンクやスパークリングワインで一休み。15時~17時半までは「ハッピーアワー」でアペリティフ&フードが楽しめます。
カウンターにはパイやミニケーキな、ドライフルーツなどがずらり。まだまだゆっくりと寛ぎたいところですが、予定が盛り沢山。後のお楽しみとして、お部屋に案内していただきました。

展望露天風呂付 豊洲亭DXツイン(40平米)モール温泉を独り占め

展望露天風呂付の豊洲亭デラックスツイン

お部屋は536号室で、3名まで入れるデラックスツインルーム。ベッド2台と暖炉、ソファーセットが配された暖かみのあるお部屋です。お部屋置きにお水2本と十勝川温泉まんじゅうが2個。素直に嬉しいです。この温泉まんじゅうは館内の工房で毎朝手作り。数に限りがあるのでお土産にするなら予約がおすすめです。

洗面所にはオリジナルアメニティ「スパモール」がずらり。モール温泉水が40%以上も配合された天然成分!(クレンジング、化粧水、乳液、洗顔料)。乾燥の冬に嬉しいモール温泉づくしです。

客室露天風呂の湯口

そして、お部屋の展望露天風呂。琥珀色のモール温泉、トロトロ具合が目で見て分かるほどで、お湯はしっとりツルツル。優しくまろやかな天然の化粧水と言われています。この温泉は一般的な鉱物性温泉に比べて世界でも希少な泉質で、北海道遺産にも選定されています。

お部屋を見て荷物をほどいているうちに、アッというまに夕暮れ時。夕日は足湯テラスで見ようと決めていたので、浴衣に着替えて行ってみました!

 

足湯テラス「はるにれ」~十勝川の夕暮れを眺めながらホットワイン

夕方の足湯テラスはるにれ

知れば知るほど興味深いモール温泉。お風呂で体験する前に一昨年にリニューアルオープンした「足湯テラスはるにれ」で体験しました。

テラスでは、足湯用のタオルとブランケット、ダウンコートなどの防寒グッズを貸してもらえる嬉しいサービス。気軽に体験でききます。

足湯の温度は結構「あちち」です。足を出したり入れたりを繰り返してやっと一息。館内のラウンジではオリジナルカクテルやホットドリンク、季節のパフェなどのカフェメニューが楽しめるので、今回はライトアップまでホットワインを飲みながら過ごすことにしました。

十勝の旬を味わう美味づくし和食会席膳「豊洲膳」

「倶楽部ダイニング十勝」は個室のお食事処です。ワインセラーが見える個室で「豊洲膳」全11品「初空月の献立」を頂きます。

先付の市松南瓜と筍木の芽和え

席には名前付きのお品書きと先付、前菜が用意されてました。市松南瓜からカラスミ、チーズの味噌漬けなど料理長手作りの品々。細かいところまで手がかけられている感じに満足。

凌ぎは「和牛ロース炙り寿司」お椀は「鮑にゅうめん」和牛ロースも、鮑もとにかく柔らかい!お造り「本鮪とボタン海老、白身」お酒が欲しい感じです。

そこでお食事に合うおすすめ日本酒を選んでもらいました! 秋田・山廃純米超辛口「刈穂」と高知・純米中取り 無濾過「南」。おすすめ通りでお食事にぴったりで、すいすい進んでしまいました!

温物の十勝産黒毛和牛

メインは温物「十勝産黒毛和牛の炙り蒸し」これはお重1段目の発熱剤に水をかけ蓋をして待つこと数分、蒸したてのアツアツを食べることができます。
十勝産黒毛和牛の蓋の湯気を楽しみすぎて、うっかり蒸し過ぎてしまったかと思ったのですが、柔らかい‥全く問題なしでした。煮物は「ポテト饅頭 他」

蒸し物はカマンベールチーズと雲丹の茶碗蒸し
蒸し物は「カマンベールチーズと雲丹の茶碗蒸し」これは人気が高いメニューとのこと、濃厚な雲丹に十勝のクリーミーなチーズ、相乗効果ですごいコラボ!と納得の味でした。次の酢物「蟹と胡瓜と菊花」で口の中がさっぱり仕切り直しです。

お食事は「茸の炊き込みご飯(北海道産ななつぼし)と赤出汁、香の物」。水菓子は「黒豆のあんみつとフルーツ」。全て美味しくいただきました。

 

光と音のファンタジックショー「彩凛華(さいりんか)」へ行ってきました

彩凛華は十勝川温泉に毎年飛来する白鳥にちなんで開催されるおまつりです。
光のオブジェが、音楽に合わせて光を放ち幻想的な夜を演出します。

開催期間:2019年1月26日(土)~2019年2月24日(日)
点灯時間:19時00分〜21時00分
開催場所:十勝が丘公園

–イベントプログラム(予定)–
プログラムは「光のファンタジーショー」と「光のエレクトロダンシングショー」の二部構成。「ボヘミアン・ラプソディ」や「USA」他、人気の全14の楽曲と光のパターンとを組み合わせて目と耳で楽めます。

その他「モール温泉源泉かけ流し手湯」や「凍るシャボン玉体験」「スノーラフティング(有料)」参加費100円「スタンプラリーで大抽選」など楽しめる要素がたっぷり!

アイスプロムナードでは温かいモールショコレやホットコーヒー、あずきミルクなど、あったかメニューも販売。※天候によりイベントが中止となる場合あります。

彩凛華(さいりんか)へは「宿泊者限定 無料シャトルバス」が便利です。行き(ホテル出発)19時20分発、19時50分発があるので時間に合わせてロビーへ集合しましょう。(予約不要です)帰りのバスは(会場出発)20時20分発、20時50分発があります。

美人の湯「モール温泉」!多彩な湯舟で温まったら・プレミアムラウンジリラックスナイトへ

彩凛華(さいりんか)から戻ってきたので、お待ちかねのモール温泉!大浴場で温まりますよ。

庭園露天風呂滝壺「滝壺の湯」

温泉大浴場「湯楽」では様々な湯舟を楽しむことができます。モール温泉のジャグジーやミストサウナ、2階の展望風呂などはもちろんですが、やっぱりおすすめは庭園露天風呂「滝壺の湯」です。庭園と一体となった湯舟は進むごとに立湯、寝湯、浅湯と好みの深さで露天を満喫することが出来ます。

温泉で温まったら、22時迄はプレミアムラウンジで「リラックスナイト」。

夜のプレミアムラウンジおつまみ

ハッピータイムと違って様々なハーブティーや、夜食のおつまみが用意されています。手作りサングリア、白ワインとともに、ミネストローネ、ピスタチオなど。ゆったりとした時間です。

 

旅の〆は豊洲亭の選べる朝食 和食膳・豚丼・海鮮丼!!

目が覚めると6時半。外は快晴です。お部屋の露天風呂をゆっくり楽しんで、朝食前にラウンジへ行ってみました。

ラウンジで朝コーヒー

朝のラウンジは利用者が結構多く、私が行ったときは一通りみなさん過ごされた後でした。6時半~11時までは「モーニングカクテル」十勝の牧場から取り寄せたヨーグルトや、フルーツ、焼きたてパンなどが並んでいました。朝食前なので軽く済ませてから「倶楽部ダイニング十勝」朝食へ行きます。

豊洲亭宿泊の方は事前に朝食を「素材にこだわった和食膳」「新鮮魚介の北海鮮丼」「十勝名物豚丼セット」から選ぶことができます。(夕食時に確認されます)

朝食の和食膳
私は素材にこだわった和食膳の朝食。ごはんのおかずがいっぱいで、こちら全て完食しました。デザートの花畑牧場のギリシャヨーグルトがクリームチーズのような濃厚さで美味でした。

ホタテやエビ、北寄貝、ウニ、イクラがのった朝食の海鮮丼
こちらが、同行者が選んだ新鮮魚介の北海鮮丼!すごいです。これを見てしまうと十勝名物豚丼セットも気になります。

十勝が丘展望台からの眺め

豊洲亭のチェックアウトは11時なので朝食後もゆっくりモール温泉を楽しめましたよ~!!(十勝が丘展望台にて)
今回体験したぐうたび北海道9周年特別プランはこちら↓↓↓

【ぐうたび9周年】1日1組限定/スパ・スイート豊洲亭~倶楽部ダイニング十勝「豊洲膳」

■十勝川温泉第一ホテルの基本情報はコチラ
■十勝川温泉第一ホテルの宿泊プラン一覧はコチラ

◆あわせて読みたい!十勝川温泉第一ホテル 豆陽亭の宿泊体験ブログ

【十勝川温泉第一ホテル・豆陽亭】モール温泉&十勝食い倒れの旅!

2019年3月19日

◆あわせて読みたい!十勝川温泉第一ホテル 豊州停の過去の宿泊体験ブログ

十勝川温泉第一ホテル-豊洲亭

十勝川温泉第一ホテル 豊洲亭の朝  十勝の焼酎とワインを買って帰ろう

2014年3月28日
十勝川温泉第一ホテル豊洲亭

十勝川温泉 第一ホテル 豊洲亭の鉄板焼きのカウンターで舌鼓 ウマいを連発してしまう十勝の魔法

2014年3月27日
十勝川温泉第一ホテル外観 豊洲亭側