ふるさと納税【新十津川町】全国有数の米どころ。自然豊かでのどかなまち

新十津川町(しんとつかわちょう)はこんなところ

明治22年に奈良県十津川村を襲った大水害が契機となり、その住民2,489人が団体移住して誕生したまちです。札幌から車で約1時間半と交通アクセスが良く、空知地方の中央部に位置し人口約6,500人が暮らす、自然豊かでのどかな場所です。
新十津川町航空写真

担当者からのメッセージ
主力産業は農業で、全国有数の米どころです。米の品種は主に「ななつぼし」や「ゆめぴりか」を作付しています。また、酒米の作付面積は約120haで北海道一を誇り、酒造好適米の「吟風」と「きたしずく」を生産し、地元の金滴酒造や道内外の酒蔵から高く評価されています。
米のほかには、メロンやミニトマト、スイートコーン、グリーンアスパラ、玉ねぎ、最近では食用ほおずきといった多彩な作物が収穫され、季節に応じた味覚を楽しむことができます。
町の取組みとして、国の実証事業の採択を受け、ICTなどの先端技術(無人トラクターや自動草刈機など)を活用したスマート農業に力を入れているほか、高校生までの医療費無料といった子育て支援にも力を入れています。

新十津川町で遊ぼう★人気スポット&イベント

◆人気スポット

JR札沼線 新十津川駅
JR札沼線 新十津川駅
日本一早い最終列車が発着し、2020年5月7日に廃線となるJR札沼線の終着駅があります。
金滴酒造
金滴酒造
1906年創業の金滴酒造は、仕込みに地元産酒米、石狩川等の水源からの伏流水を用い、芳醇なお酒を造っています。
詳細はこちら>>
ふるさと公園
ふるさと公園
本格的な設備のピンネスタジアム、室内外のパークゴルフ場、キャンプ場等が集まったレジャーやスポーツの拠点。
◆イベント
雪まつり
雪まつり
道内でも雪の多い本町で、雪とふれあう冬の一大イベント。最大の催し「国際中華鍋押相撲選手権」は白熱必至。
開催日/2020年1月26日(日)
詳細はこちら>>
ふるさとまつり
ふるさとまつり
約7,000人が訪れ、短い夏を楽しむ町最大のイベント。メインの「泥ブリッジ選手権」は多数の参加者で賑わいます。
開催日/2020年7月26日(日)
詳細はこちら>>
味覚まつり
味覚まつり
地元の旬の味覚を楽しめるイベント。母村十津川村と地元産のキノコを使った特製鍋のほか、新米等も味わえます。
開催日/2020年10月4日(日)
詳細はこちら>>

 

新十津川町をふるさと納税で応援しよう!人気返礼品

【人気返礼品1】12,000円の寄附/ジンギスカン

【人気返礼品1】12,000円の寄附/ジンギスカン
昭和50年創業の大畠精肉店が製造し、町の特産品にも指定されている、クセの少ないマトンの肉を使用したジンギスカンです。創業当時から変わらない手作り秘伝ダレにはリンゴや玉ねぎを用い、肉をつけこむことで柔らかくなり臭みが消えます。
詳細をみる

【人気返礼品2】14,000円の寄附/ミニトマトジュースセット

【人気返礼品2】14,000円の寄附/ミニトマトジュースセット
本町産で甘みと酸味のバランスの取れたミニトマトの「キャロル」を1瓶あたり約23個使用したジュースです。塩を加えず、素材の味を活かして贅沢に仕上げました。リピーターも多く、好評をいただいています。
詳細をみる

【人気返礼品3】14,000円の寄附/ヴルストよしだ ハム・ソーセージセット

【人気返礼品3】14,000円の寄附/ヴルストよしだ ハム・ソーセージセット
本場ドイツの世界最高峰のソーセージコンテストIFFA2016で金メダルを獲得したヴルストよしだのハム・ソーセージセットです。しっかりとした赤身で甘くて旨みのある脂身の道産豚を使用し、その他の食材も可能な限り道内産にこだわった味をご堪能ください。
詳細をみる

【人気返礼品4】100,000円の寄附/ななつぼし精米定期便(15kg×5回)

【人気返礼品4】100,000円の寄附/ななつぼし精米定期便(15kg×5回)
つや、粘り、甘みのバランスが抜群に良く、平成30年度日本穀物協会の食味ランキングで特Aを獲得した、「ななつぼし精米」の年間定期便です。リピーターが多く人気で、冷めてもおいしさが長持ちすることから弁当やお寿司にしても適しています。
詳細をみる
 
寄附金の使い道
1. 自然環境の保全と町並み景観の向上に資する事業(公園整備など)
2. 子どもの健全育成に資する事業(児童書の購入など)
3. 観光事業の資する事業(イベントの展開など)
4. 町長におまかせ
新十津川町役場
住所/〒073-1103 新十津川町字中央301番地1
電話番号/0125-76-2131

 

ふるさと納税で北海道の市町村を応援しよう!