噛むほどに甘い!えりも町の「活蒸し毛蟹」500gを抽選で3名様にプレゼント

セイロで蒸したえりもの蒸し毛ガニ

茹で毛蟹ではなく、「蒸し毛蟹」をご存知ですか?

蒸し毛蟹は、茹でた蟹よりうま味を逃さず凝縮された味わいで、濃厚な蟹味噌と合わせて食べると思わず唸ってしまうという、まさに北海道の絶品グルメです(編集部でも唸り声とともに実食済み!)。

今回はぐうたび北海道10周年の記念プレゼントとして、この贅沢な「活蒸し毛蟹」500gを、抽選で3名様にプレゼントします!

北海道有数の毛蟹の名産地、えりも町にある
産地工場ならではの味づくり

豊かな水産資源と雄大な自然景観に恵まれた、漁業と観光の町、えりも町

北海道の背骨と言われる日高山脈の南端が太平洋に沈みこむえりも町は、風光明媚な「襟裳岬」でも有名です。町の大部分が太平洋に面し、沖合で暖流と寒流がぶつかることから、年間を通してゆたかな漁場が広がります。

毛蟹は、海水温が低いほど身が締まるといわれており、漁期は極寒の12月~3月前後。この時期にえりも町の漁港で水揚げされたばかりの毛蟹を、生きたまま、イキのいいうちに高圧スチームで色よく蒸し上げ、その後リキッドフリーザーで“超急速冷凍”し全国に届けられます。

高圧スチーム後、急速冷凍して出荷される活蒸し毛蟹製造の様子

 

毛蟹ならではの弾力ある繊維状の身肉と
濃厚な蟹味噌をたっぷりと楽しめる活蒸し毛蟹!

蟹味噌の乗った甲羅とギッシリ身のつまった脚が盛り付けられたお皿

状態の良い毛蟹を、新鮮なまま高熱スチームで蒸し上げ、急速冷凍するため、蟹の身は縮んだり水分が出てしまったりということがなく、毛蟹らしい弾力のある繊維状のしっかりとした身肉を楽しめます。

身肉の上に美味しそうな蟹味噌が乗った甲羅の写真

さらに毛蟹と言えば「蟹味噌」!その味は研究者でも人工的に生成するのは難しいと言われる、複雑で濃厚な味わい。活蒸し毛蟹ならより凝縮された味わいを堪能できます。甲羅にたっぷりと入った蟹味噌を身肉と一緒に食べるもよし、日本酒と一緒にやるもよし、五感を総動員してじっくりと味わってください。

今回はこの絶品、活蒸し毛蟹を抽選で3名様にプレゼント!
下記ボタンより簡単なアンケートに答えてご応募ください。
応募締め切りは2020年5月15日(金)、たくさんのご応募をお待ちしております。

※当選の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。
※賞品を提供先から直接お送りする場合、発送に必要な個人情報を伝えますので、あらかじめご了承のうえご応募ください。

★抽選を待ちきれない!今すぐ注文したい
という方はこちらから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
セイロで蒸したえりもの蒸し毛ガニ